夜行バスは疲れないの?

夜行バスは価格が他の交通機関に比べて圧倒的に安いことから若者を中心にとても人気の交通機関となっています。しかし、まだ利用したことがない人も結構いて、利用しない理由の一番は乗車時間が長く疲れてしまうのではないかということです。確かに長距離をバスに乗るというのは学生時代に遠足に行くとか、修学旅行などでしか経験がない場合がほとんどでそのイメージでどうしても考えがちです。しかし、その時に乗っているバスというのは夜行バス用ではなく4列で前後間隔も狭いものがほとんどです。最近のバスは疲れないように快適な仕掛けがほどこされているのです。
まず、シートが4列ではなく3列、2列のものが多く登場しました。1席、1席独立しているものもあるので隣の人に気を使う必要もありませんし、シート幅も広く寝返りをうてる広さのものもあります。また前後間隔も広く足を伸ばして寝ることも可能ですし、リクライニング角度も深くまで倒れます。
他にはカーテンなどで仕切りのあるものもありますし、完全な仕切りのある個室のものも登場しました。このようにプライベート性も高まっているのでより他人に気兼ねなくリラックスして過ごせるので長い時間乗車していてもそれほど疲れるということはありません。
高速バスは長時間の移動がメインになるので設備情報などはしっかりチェックして選びましょう。座席の広さなどもかなり乗り心地に影響してくるポイントです。またユーザーの口コミを掲載している高速バスサイトもあるので口コミをチェックしながら選んでみてはいかがでしょうか。

夜行バスの種類には何があるの?

旅行するのに少しでも費用を抑えたい時に役立つのが夜行バスですが、バスにも様々な種類が有ります。
最も一般的なのが4列スタンダードタイプです。4列だとリクライニングは余り出来ず、周りが気になる方だと落ち着かない可能性が有りますが、値段は格安の為とにかく費用を抑えたい場合には適しています。
バスの道中をもっとゆっくりしたい方には4列ゆっくりタイプがお勧めです。4列スタンダードタイプよりも背もたれがしっかりとしていてリクライニングも可能です。家族や友人と同行で並んで席を取るので隣の席と密着していても構わないという方に向いています。価格は4列スタンダードよりも値が張ります。
もっと快適さを重視したい場合は3列独立シートタイプであれば一つ一つの席が独立している為、まわりを気にせずに寛ぐ事が出来ます。しかし夜行バスは席の位置によって快適さも大きく異なる為、最後列であればリクライニングを倒す時に後ろの人に声をかける必要が無い為、ストレスフリーと言えます。バスによってトイレ付の有無が変わりますので、トイレが近い人や寝ていてトイレ休憩を逃す可能性を考慮するならトイレ付のバスを選んだほうが安心と言えるでしょう。